名刺の受け渡し方とビジネスマナー

名刺の受け渡し方とビジネスマナー

管理人のオススメサイトをご紹介します

オフィスでの名刺の渡し方と受け方に関するビジネスマナー

名刺の受け渡し方とビジネスマナー
オフィスでは、名刺の渡し方と受取り方は社会人にとって必須のビジネスマナーの一つです。会社によっては、名刺の渡し方について事細かく研修をしているところも有るぐらいです。以下は、一般的な名刺の渡し方と受け取り方に関する注意点です。まず、名刺を渡すのは目上の人からではなく目下の人から渡す事になります。そして名刺を渡すのは「両手」で渡すべきです。決して片手で渡す事が無いようにします。私は過去に、仕事での付き合いで名刺を渡された事があります。その際、その人は片手で私に渡してきました。これはその人が無礼という事ではなく、手に色々な荷物を持っていたので仕方が無かったのです。ですがその際にもその人は私に「片手で失礼します」と一言添えてくれました。それを聞いて私は、名刺を渡すのは両手にしなければならないと学習をした覚えがあります。そして、もちろん名刺に書かれている文字などは先方に見せる必要があります。自分の社名と名前を名乗る事も重要です。決して無言で名刺を渡す事が無いようにしましょう。もっとも、それも考えれば当然の事ではあるのですが。

次に、名刺の受取り方です。上記に書いたように名刺を差し出す時には、必ず両手を用いる必要があります。ところで、それは名刺を受け取る側も同様です。片手で受け取るのではなく、必ず両手で受け取るようにしましょう。もっとも、それも相手に対する敬意が有れば必然的に両手で受け取る姿勢ができ上がるものなのですが。そして受け取る方も無言で受け取るのではなく、何か一言添えましょう。「頂戴します」辺りが無難な表現かと思われます。そして相手が会社名と氏名を名乗ってくれた時は、当然名刺の氏名と会社名も確認をするべきです。ちなみに、もしも名刺を受け取った状況が何かの「面談」だったとします。その場合は、必ずオフィスの机に相手の名刺を置いておくようにします。

以上は、名刺の渡し方と受取り方に関するビジネスマナーです。もっとも、上記の事も相手に対する「敬意」が有れば自然とそのような名刺の渡し方や受け方になるものです。何よりも、まずは相手に対する敬意が最も重要かと思います。

イチオシサイト

Copyright (C)2018名刺の受け渡し方とビジネスマナー.All rights reserved.